ジッテプラスは顔にも効果があります※使い方のポイントを販売店に確認しました

【最新情報】

 

今なら初回限定キャンペーン中!

 

90日間の返金保証付きで初回980円はジッテプラスの公式サイトだけ!

 

>>すぐに返金保証アリで980円の公式サイトを見る

 

 

背中ニキビ対策ジェルのジッテプラス。

 

背中以外にも顔にも使えるか、気になっていませんか?

 

実はジッテプラスは背中以外にも顔や首周り、腕など露出する部分のニキビにも効果があるんです。

 

では、ジッテプラスを顔などのニキビ対策に使うにはどのような順番で使えばよいか、私が調べた内容を書いていきますね。

 

ジッテプラスの上手な使い方をご紹介

 

公式サイトに効果的な使い方が書かれていないので、販売会社のベルオーに電話で問合わせてみました。

 

洗顔するときは顔ニキビをつぶしたりしないように、やさしく気を付けてください、ということでした。

 

ジッテプラスの1回の量は、さくらんぼ大くらいの量が目安だそうです。

 

私は3回くらいケアしたら、うまく使えるようになりました。

 

朝にジッテプラスを使うときは…

 

@丁寧に洗顔します。

 

A指先にジッテプラスをとります。

 

Bジップテラスをつけたあと、化粧水をつけます。

 

C化粧水のあとに乳液をのばします。

 

夜にジッテプラスを使うときは…

 

@クレンジングで化粧を丁寧に落とします。

 

A続けて、丁寧に洗顔をします。

 

B指先にジッテプラスをとります。

 

Cジップテラスをつけたあと、化粧水をつけます。

 

Dさいごに、乳液をのばします。

 

化粧をしていなければ、朝晩の使い方は同じですね。

 

洗顔をしたらすぐにジッテプラス!、と覚えておけば間違いありません。

 

ジッテプラスの顔への効果の口コミ:30代女性

 

背中ニキビができやすい体質で、顔ニキビにも悩んでいて、1本で顔も背中もニキビケアができるものを探してました。

 

ネットでみつけたジッテプラスが気になって試してみたんですけど、ほんとによかったって思ってます。

 

ふんわりシトラス系の香りで癒されながら、ニキビケアもできて満足しています。

 

朝晩2回欠かさず使っていたら、3週間くらいで顔ニキビがなくなったんですよ!

 

それに肌の調子が良くなって、ニキビもできなくなって、これはイケるな(笑)って思いました。

 

すーっと伸びるし、顔だけじゃなく首やデコルテにも伸ばして伸ばしてって感じで、ニキビ対策しながら保湿できてるな、って実感してます。

 

公式サイトでは初回限定のキャンペーン中!

 

あらためて使い方を書いておくと、洗顔と化粧水の間にジップテラスを適量、使うだけでオッケーです。

 

正しい使い方をしていると、効果も早く出ますよ、と販売店のスタッフさんも言っていました。

 

ちなみに、今なら公式サイトの初回限定キャンペーンで、980円で返金保証付きでお試しできます。

 

初めて使う人のみのキャンペーンなので、顔ニキビ&背中ニキビが気になる貴方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

>>980円で返金保証付き!安心してお試しできる公式サイトはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ニキビが目立つから」という理由で余分な皮脂を洗い流すために…。

 

敏感肌だとお思いの方は、入浴した折には泡をしっかり立てて力を入れないで撫で回すごとく洗浄することが重要です。ボディソープは、極力刺激のないものをピックアップすることが重要になります。
40歳50歳と年齢を重ねていっても、変わることなく美しくて若々しい人でいるためのカギとなるのが肌の美しさと言えます。スキンケアを習慣にして美しい肌を手に入れて下さい。
どれだけ綺麗な人でも、普段のスキンケアを適当に済ませていますと、知らないうちにしわやシミ、たるみが肌の表面に現れ、老化現象に頭を悩ませることになります。
あこがれの美肌になりたいならスキンケアも重要なポイントですが、何より体の中からアプローチしていくことも大事です。ビタミンCやヒアルロン酸など、美肌作りに役立つ成分を摂取しましょう。
「化粧がうまくのらなくなる」、「肌が黒ずんでしまう」、「実年齢より年上に見える」など、毛穴が緩みきっていると利点は一切ないのです。専用のケア用品できちっと洗顔して毛穴を閉じましょう。
老化の象徴であるニキビ、しわ、シミ、更にくすみ、毛穴の黒ずみなどを改善してあこがれの美肌になるためには、適切な睡眠時間の確保と栄養満載の食生活が欠かせません。
肌のお手入れに特化した化粧品を利用してスキンケアを行えば、アクネ菌の異常増殖を抑制すると同時に保湿に対する対策も可能であるため、度重なるニキビに役立ちます。
肌が美しいか否か判断する時には、毛穴が重要な役割を担います。毛穴に黒ずみがあるとその一点だけで不潔とみなされ、評価が下がってしまうでしょう。
肌が美しい人というのは「毛穴がないんじゃないか?」と目を疑ってしまうほど滑らかな肌をしているものです。適切なスキンケアを意識して、理想の肌を手に入れましょう。
毛穴の黒ずみに関しては、早期にケアを施さないと、今以上に酷くなってしまうはずです。化粧で隠そうとするのはやめて、適切なお手入れを行って凹凸のない赤ちゃん肌を作り上げましょう。
自分の肌質に適合する化粧水や美容液を使用して、きちんとケアを継続すれば、肌は原則として裏切ったりしません。だからこそ、スキンケアはいい加減にしないことが何より重要と言えます。
肌荒れを予防する為には、一年中紫外線対策を行なわなければなりません。シミやニキビといった肌トラブルからすれば、紫外線は百害あって一利なしだからです。
大人気のファッションを導入することも、或はメイクを工夫することも必要ですが、美を持続させたい場合に最も重要なことは、美肌に導くスキンケアであることは間違いないでしょう。
「ニキビが目立つから」という理由で余分な皮脂を洗い流すために、一日の内に何度も洗浄するという行為はあまりよくありません。過剰に洗顔すると、思いとは裏腹に皮脂の分泌量が増すことになってしまうためです。
多くの紫外線を浴びるとメラニン色素が生まれて、そのメラニンというのが一定程度蓄積された結果茶や黒のシミとなるのです。美白効果の高いスキンケアアイテムを手に入れて、すぐに日焼けした肌のお手入れをすべきだと思います。

 

 

しわを抑えたいなら…。

 

多くの日本人は外国人と違って、会話している最中に表情筋を動かすことがない傾向にあると言われています。その影響により顔面筋の劣化が早く、しわが増加する原因となるそうです。
月経直前になると、ホルモンバランスの乱れによりニキビが頻発すると悩む女性も多いようです。月々の月経が始まる前には、十分な睡眠を取るよう努めましょう。
目尻に刻まれる薄くて細いしわは、早いうちにお手入れすることが重要です。何もしないとしわの数も深さも増し、どれだけケアをしても取れなくなってしまいますから要注意です。
老いの象徴とされるシミ、しわ、ニキビ、更に肌のたるみやくすみ、毛穴の黒ずみなどを改善して美肌を自分のものにするためには、充実した睡眠環境の確保と栄養満載の食生活が欠かすことができません。
ニキビケアに特化したコスメを駆使してスキンケアを行えば、アクネ菌の異常繁殖を防げる上に保湿対策もできますので、しつこいニキビに有用です。
「若い時は何も対策しなくても、年がら年中肌が瑞々しさをキープしていた」というような人でも、年齢を経るにつれて肌の保水機能が下降してしまい、ついには乾燥肌に変化してしまうことがあります。
どれほど顔かたちが整っていても、日課のスキンケアをなおざりにしていると、ついにはしわやシミ、たるみがはっきり現れ、老化現象に頭を抱えることになる可能性があります。
肌荒れがすごい時は、当分の間メイクをおやすみしましょう。そして睡眠並びに栄養を十二分に確保するようにして、肌が受けたダメージの正常化に力を注いだ方が良いと断言します。
お腹に赤ちゃんが入っているときはホルモンバランスを維持することができなくなったり、つわりが大変で栄養不足になったり、睡眠のクオリティーが落ちることで、ニキビや吹き出物といった肌荒れを起こしやすくなります。
毛穴の汚れをどうにかするために、何度も毛穴パックしたりピーリングを導入したりすると、皮膚の表層が削り取られてダメージを受ける可能性が大なので、肌にとって逆効果になる可能性が高いです。
体を洗う時は、タオルなどで力を入れて擦ると皮膚を傷つける可能性があるので、ボディソープをいっぱい泡立てて、手のひらを用いてソフトに撫でるかのように洗浄するよう気を付けてください。
今ブームのファッションを着こなすことも、又はメイクを工夫することも大事なポイントですが、優美さをキープしたい時に一番重要となるのは、美肌に導くためのスキンケアです。
しわを抑えたいなら、皮膚の弾力性をキープするために、コラーゲンを豊富に含む食事が摂れるようにいろいろ考案したり、表情筋をパワーアップするトレーニングなどを継続するようにしましょう。
アトピーみたいにまるっきり治りそうもない敏感肌の方は、腸内環境が悪いということが珍しくありません。乳酸菌をしっかり補って、腸内環境の正常化を目指しましょう。
油がいっぱい使用された料理や砂糖が存分に使われた和菓子ばっかり食していると、腸内環境は悪化の一途を辿ります。肌荒れで悩みがちな敏感肌の人ほど、食事の中身を吟味すべきだと思います。

ページの先頭へ戻る